早春の湯布院   2007/1/25

          1月25日

   湯布院町は大分県のほぼ中央にあり、町の北東端には秀峰由布岳(ゆふだけ)(1584m)がそびえています。

           盆地内は、朝霧と湯煙、緑たっぷりの自然で、どこを掘削しても 温泉が湧きでるそうです。

           素朴さの中に、どこかしらヨーロッパの片田舎のムードも漂っていました。

         
   由布岳  暖かい春を思わせるような日、湯布院の町を、観光人力車に乗って散策してきました。


   金鱗湖 明治17年儒者「毛利空桑(もうりくそう)」がこの地に訪れ、鮒(ふな)の鱗(うろこ)が金色に輝くのをみて
          
          「金鱗湖」と名付けたのが呼称の始まりと言われています。
          
          この日も湖面に映る影がくっきりと、とても綺麗でした。


    サギ 「金鱗湖」では真っ白いサギが一匹遊んでいました。




      カモも遊んでいました。

 






    







湯布院町を人力車で・・・車夫の方が「2人乗りで大丈夫」といわれ、心配しながら乗りました。
                    
                    1月末なのに 青空の下ポカポカと暖かく、素朴な小路を回ってきました。
                    
                    途中 満開の“蝋梅”や珍しい“ミツマタ”の花との出会いがあり、

                    又お土産の小物などのお店が立ち並び、町中からは、由布岳がくっきりと見え、
                    
                    30分の散策でしたが、湯布院を満喫出来た、とても楽しい時間でした。

                        車夫さん ご苦労様でした。

湯布院の町をたずねて
<人力車に乗って散策
<素朴な町1<山門 山莪龍2<ミツマタの花3<店屋さん4<お食事処5<由布岳が見える町並み6

大きな写真の上をクリックしますと表紙の写真に戻ります。
<<
BGM・・・早春賦  クリックしてくださいね

    

高崎山のおさるさん   2007/1/25

         1月25日

<
高崎山の“さる”を見てきました。
<

高崎山ではサルが自然の状態で、オリもなく観光客のすぐそばまでやってきました。

ちょっと大きめのオスザルから、とっても可愛いコザルまで、すぐ近くでみることができました。

世話人の方が餌をまくと、すごい数のサル達が集まってきます。

ボスは高台で餌を貰い、下にいる多くのさる達を監督しているかのようでした。

B郡とC郡の群れがいて、山から交代に降りてきて、観光客の前に現れます。

“さる”の世界では、きちんと秩序が守られているようです。





サムネイルマウスオンスライドショーにしてみました

サムネイル(小さな画像)にマウスオンすると 画像が切替ります













<
<
<
<
<





<
案内さる








<
<
<
<
<



non_non様のソースをお借りしました。ありがとうございました。

ヒヨドリ アニメ  2007/1/28

       1月28日
             
              暖かい日が続き、ヒヨドリやメジロが毎日やってきます。
       
              餌も取り替えて・・・写真撮るの楽しみになってしまいました。

              植木鉢の紅梅ですが、外に置くので、ようやく蕾が膨らみかけてきたところです。
              

冬の舞姫 白鳥   2007/1/20

         1月20日

『しぶき氷』の後 猪苗代湖畔の笹山浜へ白鳥を見に行って来ました。

優雅な姿を湖面の映し、磐梯山を背景にゆうゆうと泳いでいました。

飛び立つ姿を撮りたかったのですが、チャンスがありませんでした。

BGM 白鳥の湖から『情景』
<
<<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<

猪苗代湖のしぶき氷   2007/1/20

          1月20日

寒さ厳しい磐梯山ふもとの猪苗代湖 天神浜では毎年『しぶき氷』が見られます。

北風に吹かれる波のしぶきが、木々に氷の花を咲かせます。

例年ですと今頃 素晴らしい『氷のオブジェ』が出来るのですが、

今年は暖冬で小さいようです、光にキラキラと輝くしぶき氷はとても綺麗でした。


↓天神浜近辺の風景です。

ロールオーバーワンクリックです    (3枚の画像が出ます

<>








<















猪苗代湖と磐梯山
<<<<<
<<<<<


2004年1月12日 (この年は雪も多く、寒じ方も強い冬でした。)

猪苗代湖天神浜の素晴らしい しぶき氷 です。まさに氷の芸術でした。

迫力ある自然の造形美にただ圧倒されて来ました。

猪苗代湖のしぶき氷
<磐梯山と猪苗代湖のしぶき氷
<しぶき氷<しぶき氷<しぶき氷<しぶき氷<しぶき氷<しぶき氷

大きな写真の上をクリックしますと表紙の写真に戻ります。

小鳥が遊びに来て・・・  1月20日

          1月20日

<
柔らかい春のような陽射しの午前中、小鳥が庭へ遊びに来ました。
<

少し前から庭へ小鳥がくるようになっていました。

ブログの皆様の小鳥の写真を見て、私も撮ってみたくなりました。

木の枝などへ みかんやりんごなど挿して、2,3日待っていましたが、

ちっとも来てくれません。



アッ小さな緑色の小鳥が2,3羽飛んできました。

緑と白のふっくりとした,お目目の可愛い・・・メジロのようです。

ピィ~ ピィ~ ピィ~ と鳴き、ミカン見つけたようです。

すばやい動きであたりを見まわし、警戒しています。

あわててカメラを持ち出し、ソォ~ットガラス戸越しにシャッターを切りました。



もう1羽が別の所でミカンを
食べています。

2羽のメジロも仲良く・・・


暫くしたら、、、大きな鳥 (ヒヨドリ)が2羽もきました。

(泣き声 ピーヨ、ピーヨ、ピーヒョロロ
メジロはみんな パァッ と逃げていってしまいました。

力があるのか、リンゴなどつついて飛ばしてしまいます。


4年生の孫のヨッコチャンと一緒に、ソォ~ット ガラス戸越しに観察していました。

なんとヨッコチャンが、ママのデジカメで私と一緒に撮りはじめたんです。

しかも上手に撮って『おばあちゃん 見て 見て 』 といって喜んでいました。

わずかの時間でしたが、ヨッコチャンと小鳥さんと一緒に楽しいひと時を過ごしました。

<<
BGM  クリックしてくださいね。

東京tomo様よりソースを教えていただきました。
ボタンは自作です。

風車と十日市蕪









かざぐるまと十日市かぶ  








1月18日 小雪 

お友達の家で、蕪と風車の
こんなお飾りがしてありました。


くるくると商売が回って、株が大きくなるようにと、
正月十日市に蕪と風車を買って飾るそうです。

蕪は20日正月に味噌汁にしていただきます。
身体が温まるように粕汁などにもします。
 
+テーブルタグSakuraRooM+

会津絵ローソク ~ゆきほたる~

         1月18日




毎年会津若松市では、2月に『雪ほたる祭り』が鶴ヶ城と御薬園で開催されます。
  今年は都合悪く見に行かれませんので、昨年の画像ですが、アップさせていただきました。
  
  雪景色の中にほのかに照らし出される「ゆきほたる」や「鶴ヶ城」は、とても幻想的な風景でした。

ロールオーバーワンクリックです    (3枚の画像が出ます)     

<>

サムネール スライドショウー





<















行灯と鶴ヶ城1
<<<<<
<<<<<















<<<<<

non_non様のタグを使わせていただきました。
      アリガトウございました。

    

歳の神   2007/1/14

1月14日


去年飾っておいた風車、起き上がり小法師、正月に飾った

門松などを持って,歳の神会場へ出かけた。
        
歳の神が幾つも作られており、大勢の人たちが飾りつけをしていた。

神主様のお祓いがあり、其の後 点火された。

雪の降る中 炎は勢いよく燃え盛り、あたりは橙々色に映えて、

あまりの美しい光景にしばし見とれてしまった。
 
火が少しおさまると、みんな 餅やするめを枝に刺して、

持ってきたのを焼き始めた。
      
あみわたしも工夫されており、餅など幾つも焼けるようになっていた

感心して見ていたら焼けたお餅を頂き、嬉しくなてしまった。

こんな大きな大々的な歳の神は、初めての経験です。 こうして老若男女が無病息災を願って行われる歳の神 
素晴らしい行事に感動を覚えてきた。
                          ↓右側のボタンを順々に押してください!

<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
     
Sakura様のタグを熊子様がアレンジなさった技をお借りしました。
     有り難うございました。


会場では暖かい食べ物屋さんも出ており、大繁盛でした。



<

“蔵の町”喜多方の小法師& “アンサンブルコンテスト”

1月13日

      午前中“蔵の町”で有名な喜多方市内のあちこちに、大きな起き上がり小法師が作られておるとのことで、
      見て廻りました。
      
      「だんごさし」も小法師に飾られておりました。

★喜多方の小法師★
駅前の小法師
<喜多方駅前<赤い帯の小法師<小さな小法師たち<市役所前ペアの小法師<ダンゴ挿しを飾った小法師>


お昼には全国的に有名な喜多方の ラーメン  を食べました。
        
       午後は 中学2年生の孫の [アンサンブルコンテスト] の県大会が 喜多方プラザで開催されるとのことで、
        
       家族みんなで鑑賞してきました。

       県内から集まった中学生たちが,グループを組んで日頃の練習の成果を発表しました。

<
<<


 

十日市

        会津十日市


会津若松市で毎年1月10日に行われる初市で、室町時代から400年以上の歴史を誇る伝統行事です。
      
「風車」や「起き上がり小法師」などの縁起物が屋台に並び、商売繁盛や子孫繁栄、
 
家内安全を願って買い求められています。

 [風車」は仕事やお金など、何事もクルクルと回るようにという願いが込められています。
       
起き上がり小法師」は、底に粘土の重りがついていて、
       
転んでもすぐ立ち上がるところから、「粘り強さと健康」のシンボルとして縁起がよいといわれています。

買う時には、家族の人数よりも1個多く求めるのが、慣例となっております。

近年は食べ物屋が多く、伝統産業の漆器屋さんや瀬戸物屋さんの出店が少なくなり、淋しいです。

  今年は吹雪にもならず穏やかな十日市でした。

  お赤飯を蒸し、煮しめやザクザク煮を作り、市神様を拝し、実家の店を手伝ってきました。

 威勢のよい売り子の掛け声を聞きながら、初市の気分を十分味わい、楽しんできました。
         
スライドショウー        


















<
<おきあがり小法師
<<<<<
<<<<<
<


会津の音(十日市)が Mitsu さんによってUPされています。どうぞお聞きになってくださいませ。

画像遊び  07,1,7

          1月7日
寒に入り、今日は朝から大雪です。

画像の加工で遊んでしまいました。





 <




私のお正月

      1月5日
      
      正月のあわただしさも終え一人ゆっくりと過ごした。
      
      庭では雪に被われたヤブコウジが赤い実をつけていた。
   
      南天の赤い実、紅梅の蕾もわずかに膨らんでいる。

      今年の初撮りです。 

マウスオーバークリック  南天の実ヤブコウジ紅梅の蕾

<>

昨年の12月に撮影した花をアップしてみました。


















<<<<<
<<<<<

non_nonさんのソースをお借りしました。

現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク