スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年 紫陽花


       
7月27日




今年も梅雨時に咲く花「紫陽花」をたくさん観賞出来ました。

形も色も多種多様で、雨に濡れた紫陽花はことにしっとりと、

色冴え冴えとし、美しく感じました。

今年撮影した紫陽花をまとめてみました。


サムネール画像にマウスオーバーしてくださいね。(7枚)





<










紫陽花1
<<<<<<<

<

紫陽花の雨降り画像


<




スポンサーサイト

あやめアルバム8枚 ( 完成)

       7月25日
睡蓮アルバム (クリックにて8枚の画像)

<

<
<


山百合    2008/7/17



         7月17日

福島県立美術館で開催中の「フランス近代絵画の流れ」を観賞した後、

福島あづま運動公園の「山ゆり」を見てきました。

雑木林の中に強い香りを漂わせながら、沢山の山ユリが咲いていました。

マウスオン・クリック  (3枚の画像)


<>
 
<


福島からの帰途、郡山の「緑水苑」へ寄ってきました。

午後になり陽射しも強く、睡蓮ももう閉じており、あじさいを入れて2,3枚風景を撮ってきました。

帰りの田んぼ道に蓮の花がいっぱい咲いていました。やがてレンコンになるのでしょうか。

赤いノカンゾウもところどころに咲いており、田舎の夏の風景でした。






<










緑水苑 
<<<<<<<

<


2006年6月、あやめの花がきれいに咲きそろっている時の緑水苑です。

池の”ゆらゆら”画像です。


<

<



暑中お見舞い

         7月20日
漸く梅雨もあけ、これから暑さ厳しくなります

皆様 どうぞ御身体に気をつけられ、暑さ乗りきって、お元気にお過ごしくださいませ。

蔵王 こまくさ    2008/7/9

          7月9日


山形県 蔵王へ行き高山植物の女王とも言われる「こまくさ」を観賞してきました

蔵王エコーライン⇒駒草平⇒お釜⇒蔵王温泉のバスでのコースです。

着いた時には濃い霧に覆われ何も見えなく、こまくさは何処に??、

お釜は何処に??と目を凝らして探しましたら、

薄紅色のこまくさが水滴を沢山つけてあちこちに咲いているではありませんか。

私は高山植物の女王に逢えた嬉しさに舞い上がってしまいました。

そのうち一瞬の間 霧がスゥ~~と上がり、まだ残雪が残る山々を背景に

エメラルドグリーンのお釜が顔を出ししました。

それはほんの2,3分の間であったと思います。

その後又深い霧に覆われ、何も見えなくなってしまいました。

水滴をいっぱいつけたこまくさも写真撮る時はちっともわからず

PCを見て初めて丸い水滴が沢山ついているのがわかりました。

光があったら又輝いて、さぞきれいであったろうと思います。

お釜も見えたし、可愛らしい高山植物の女王「こまくさ」にも逢えたし、とても嬉しい1日でした。


つかの間のお釜のお目見え!!


きりに覆われた「こまくさ平」(手前のポツポツと見える白っぽい色がこまくさです。)


大きな水滴がついていました。


濃いい紫色の「ハクサンチドリ」も沢山咲いていて・・・



いっぱいの水滴を着飾って・・・




<



紫陽花 2008/7/8

        7月8日


アジサイ寺として知られる二本松市の高林寺へ初めて行ってきました。

寺の斜面には30種類・約5000株のアジサイが植えられ、

散策路は「花の回廊」となっていました。

お地蔵さまもきれいな紫陽花に囲まれて、微笑んでおられるようでした。

青紫でボリュームのある手まりアジサイ、花びらが多種多様な額アジサイが競演し、

訪れた私達の目を楽しませてくれました。








<



<ご訪問頂きありがとうございました。<




2008年 龍興寺 古代蓮の花

        7月6日



2008年 龍興寺の古代蓮

会津美里町の龍興寺に古代蓮が咲きはじめました。

蓮の花は最初「徳利型」次に「茶碗型」次に「皿型」の形で咲いていくそうです。

池の蓮の花は いろいろの形、色で沢山咲いていました。

薄紅色の蓮の花が、ほのかに先端だけ薄赤色になっています。

太古より咲き続けてもなお恥じらいがあるように咲いていました。

朝の光を受けた花びらが透き通って見え、とてもキレイです。

沢山のシベは踊っているようでした。

【サムネールにマウスオンしてね。】






<












龍興寺の古代蓮
<<<<<<<<

<

練習です。
「蓮の花 ページめくりスライドショー」



蓮の花 ゆらゆら

<           <



<

雄国沼ニッコーキスゲ    2008/7/5


        7月5日

雄国沼湿原のニッコウキスゲが見頃を迎えました。

ここは毎年行って見たいところです。

AM5時半に家を出て6時のシャトルバスに間にあいました。

荻平駐車場より25分ほど金沢峠の折れ曲がった坂道をバスは登ります。

展望台からの湿原の眺めはまだ薄霧が漂い、漸く朝日が差し込む前の情景でした。

沼の方へ降りて行きますと、湿原いっぱいに広がった鮮やかな黄金色の花が、

私たちを出迎えてくれました。

ニッコウキスゲはユリ科の多年草で咲いた花は1日でつぼみます。

その他にもわたすげ、ヒオウギあやめ コバイケイソウなども咲いており、

湿原に彩りを添えていました。

爽やかな朝の空気の中を小鳥の声を聞きながら木道を歩いてきました。




マウスオンクリック  2枚の画像

<>

<



(雄国沼は猫魔ヶ岳や雄国山、古城が峰、厩岳山などを外輪山にもつカルデラ湖で、
標高1000mの位置にある。周囲の山々はブナが多く、また、初夏にはレンゲツツジ、
6月末から7月初めには沼の南の湿原地帯でニッコウキスゲの大群落が咲き誇り、
この時期は多くのハイカーで賑わいます。資料より)






帰り道真っ白い「蕎麦の花」が一面に咲いていました。





練習  あやめを本にして

       7月8日    クリックにて8枚の画像めくり
<
<<



























長井&会津高田 あやめ公園    2008/6/25


        6月25日

どんでん平ゆり園から車で15分の所にある「長井 あやめ園」を廻ってきました。

あやめ公園は広さは10000坪、500種100万本のあやめが咲き誇る日本有数のあやめ公園なそうです。

長井古種と呼ばれる、長井市のあやめ公園でしか見られない品種がいくつかありました。

古種「鷹のつめ」は下の写真にも付けましたがこれが花の咲いた状態なそうで珍しい形の花でした。





<











『山形県 長井あやめ公園』
<<<<<<<<

<




<


会津高田の「あやめ苑」

伊佐須美(いさすみ)神社の境内には 約150種、10万株のあやめが咲いています。

朝早くの時間でしたので、花ビラにはまだ朝露が残っており、朝の光にきらきら光っていました。



<

<




現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
06 ≪│2008/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。