スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸赤の大山桜       2009-4-28

福島県下郷町、戸赤の大山さくらを見てきました。

ここはよく写真集にも載り有名な所です。

昭和村の途中まだ雪のある峠を越えて行きました。
(バスの窓より撮影)


戸赤の大山桜


スポンサーサイト

山桜とカタクリ    2009-4-24

三島町 大林ふるさと村の山桜とカタクリ

「大林ふるさと山」の”カタクリの花”群生地に行って来ました。

着いた時には昨夜の雨で花はうつむき加減でしたが、陽が射すにつれ花ビラがくるりと反りかえり、

可憐な姿を見せてくれました。

広い4haの群生地にカタクリの花は「じゅうたん」を敷き詰めたように咲いており、

「淡い紫色」のカタクリの花と見ごろの「オオヤマザクラ」を

観賞しながら散策して来ました。

イチゲやオキナグサも咲いていました。

<カタクリと山桜と萌黄色の若葉が美しい山里
<<<<<


<

チューリップ     2009-4-19

春の花咲き誇る「越後丘陵公園」と150万本のチューリップ「五泉チューリップまつり」へ行ってきました。

色とりどりのチューリップがみな春の陽光に微笑んでいました。


サムネール画像にマウス・オン





<











チューリップ 
<<<<<<<<

<

桑折町、半田山自然公園の散策     2009-4-14

こおり桃源郷(ピーチロード)

桃の果樹園が阿武隈川を沿うように広がっております。

青空の下 芳しく美しい 一面ピンク色に染まった道を3キロほど歩いてきました。

黄色い菜の花と桃の花 遠くには見える阿武隈山系 穏やかな春の景色を満喫してきました。













<<<<<<


半田山自然公園遊歩道を歩いて半田沼へ・・・

途中にはカタクリやショウジョウバカマ、春ランなど春の野草が咲いていました。

半田沼の桜はまだ蕾でしたが沼の映りがとても綺麗でした。

<<
<
<<<

さくら・さくら・さくら

夏井千本桜 (福島県 小野町)   2009-4-18

夏井川の両岸に約1000本のソメイヨシノが咲き誇っていました。

青空には鯉のぼりがたなびき、黄色い水仙と桜のコントラストも美しく

まさに春爛漫の景観でした。

<2001年6月福島遊歩道50選に選ばれる。
<<<<<


三春滝さくら (小野町へ行く途中車の中から撮影)

樹齢1000年以上と推定される国指定天然記念物のベニシダレサクラで、

日本三大さくらのひとつに数えられています。溢れんばかりに咲いていました。

薄紅色の小さい花を枝いっぱいに咲かせ、その姿が滝のように見える事から、その名がついたそうです。

観光客でいっぱいで車は渋滞し降りずに車の中から撮りました。



↓滝桜の少し上にはさくらが連なって咲いており、下に咲く菜の花とのやさしい風景がとてもステキでした。



棚倉城跡お堀の花いかだ   2009-4-16

マウスオン・クリック・マウスアウト 画像3枚 トランジション
<棚倉城跡お堀

石部桜   2009-4-12

「会津五桜」の一つ石部桜を早朝見に行って来ました。

広い田んぼの中に咲くエドヒガンサクラで樹齢は600年といわれてます。

この日はまだ8部咲きでしたが、花は小さめでピンクがかっており、

根元から枝別れした8本の木が大きく伸び、農地を見渡すように咲いていました。

高さ11M、枝張りは19M 芦名氏時代の重臣・石部次郎大輔の庭にあったことから、

「石部桜」と名ずけられました。




↓の画像クリックにて「デジブック・スライドショー」


鶴ヶ城さくら  2009-4-12

今年は例年より早くに小彼岸桜が咲きました。

ピンク色も濃い満開の高遠の小彼岸桜は、周りを紅色に染め、艶やかに咲き誇っていました。

<




花見山    2004-4-10

 花々に彩られた桃源郷 

今年も福島の「花見山」へ行ってきました。

写真家の故秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と称した事で有名になり、

今では春の一代観光名所となっています。

数種類のサクラの他ハナモモヤ、レンギョなど多種多様な花が咲き競っていました。















<

「雪の回廊」      2009/4/8

早春の風景 磐梯吾妻スカイライン

今日は今年11月に開通50周年を迎える観光有料道路・磐梯吾妻スカイラインの再開通日です。

「雪の回廊」を見たくて朝からの青空に誘われ出かけてきました。

浄土平に着くまでの早春の風景はすばらしく、

眼下にくっきりと姿の見える磐梯山を眺めながらのドライブです。

<スカイライン 早春の風景 磐梯山
<<<<<


途中から雪の壁が見えてきました。

浄土平(標高1,600メートル)近くなると雪の壁は両側に高く(4メートル)なってきました。

さわると雪質はシャリシャリとして冷たく、春の陽射しにきらきらと輝いていました。

テレビ局のカメラも「雪の回廊」の撮影に来ており、夕方のテレビにはバッチリ映ってしまいました。

初めて見る「雪の回廊」の光景に自然の造詣の美を感じてきました。

「雪の回廊」アニメ画像 9枚





春蘭展にて 2009/4/5

春蘭愛好会の方達の作品展を観賞して来ました。

立派な鉢に植えられており、その種類の多さに驚いてきました。

(春蘭は春の山などで地生しているのを時々見かけておりましたが、

あまり目だたなくひっそりと咲いていました。)

販売もしており、私にはその良さがあまり良くわかりませんでしたが、

高価な値段ものもあり驚きでした。値段の開きも大きいようです。

春蘭は盆栽に育て 花・葉・鉢三拍子揃って価値が出るそうです。

楚々とした中に凛とした気品を感じてきました。

春蘭会場風景



春蘭 クリックにて7枚の画像

<1 春蘭

水芭蕉      2009/4/4

五泉市の水芭蕉の群生地「水芭蕉公園」へ行って来ました。

この場所は昔から水芭蕉が自生していた湿地帯所で広さ2,1haあります。

約3万本の水芭蕉が水辺の木道に沿って、ところ狭しと咲いていました。

木々の間には四方に敷かれた木道が敷いてあります。

又 真っ白な美しい白い苞が水辺に映りこみ、とても綺麗です。

風もまだ冷たい春の晴天の中、

広大に広がるどこから眺めても実に素晴らしい水芭蕉の光景を堪能してきました。

サムネール画像にマウス・オン






<











水芭蕉 
<<<<<<<<

<

途中でいろいろな春の野草との出会いがありました。>



春の妖精? 2009/4/1

新潟県 長岡の「国営越後丘陵公園」へ行って来ました。

ここは四季折々の花々が、120ヘクタールもの広大な丘陵地帯を鮮やかに彩ります。

今の季節は何といっても『雪割り草』又の名『オオミスミソウ』が主役です。

自生地は新潟県を中心とする日本海側にあります。

国営越後丘陵公園では園内をバスが走っており、

目的地の雪割り草の群落までバスで丘の上まで移動し、

そこから下りながら観賞してきました。

『オオミスミソウ』は雪割りそうの中でも最も異変の幅が広いそうで、

さまざまな色や形で咲いておりました。

曇り空の早春、木立の中で愛らしい花々がうつむき加減に咲き乱れ、

互いを引き立てながら調和しあう美しさに

素晴らしい感動をいただいてきました。

 
2009/4/1



越後丘陵公園に入ってからの四方の眺めです。アニメでご覧ください。

広大な敷地には人影もあまり見かけませんでした。



彩り多彩な『雪割り草』をPicasa 3でウェブアルバムにして見ました。

『雪割り草』 のスライドショー


同じ『雪割り草』の画像を「デジブック」にアップし、アルバムにしました。

【画面の中央にマウスを当て△をクリック】


現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
03 ≪│2009/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。