スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬・上高地での野草   2007-7-23

ITサロンのお仲間と旅行して来ました。
そのとき出会った野草をまとめて見ました。

スポンサーサイト

トレッキング     2010-7-15


7月15日~   

吾妻山系の浄土平から鎌沼を経て酸ヶ平へ・・・
   
一周約5kmをトレッキングしてきました。

梅雨の真っ最中で朝まで大雨です。雨覚悟で出かけました。

バスの中から磐梯吾妻スカイラインの山裾にたなびく

雲海の景色を左右に眺めながら浄土平へ・・・

そこから一切経山の噴煙が立ち昇る景観を見ながら登って行くことしばらく・・・

木道のある鎌沼を一周し、途中静かな沼を見ながらお弁当を食べ、

浄土平へ降りて来ました。

途中には花がいっぱい咲いていて心癒されてきました。

初めて見るチングルマの群落は見事でした。

心配した雨にも会わず最良のハイキング日和でした。

※画像は10枚…クリックでご覧下さい…!

<1



※歩く道すがらお花がいろいろ咲いていました


<

ハワイ4島周遊クルーズ10日間 10   2010-6-26~2010-7-5

7月4日(土)

  ホノルルから日本へ

   いよいよ今日は帰国日です。

   ホテルで朝食を済ませ、成田組はホテルロビーで10日間ご一緒した関西組の方々と名残をおしみ、

   お見送りを受けて一足お先に空港へ・・・


   関西組は少しゆっくりと空港へ・・・






 楽しかった「プライド・オブ・アメリカ号」クルーズの

 思い出を胸に帰路につきました。


7月5日 (月)

   日本 自宅  無事帰国 

 



    


   
   

ハワイ4島周遊クルーズ10日間 9   2010-6-26~2010-7-5

7月3日
 
   オアフ島 ホノルル港入港

    慣れ親しんだ「プライド・オブ・アメリカ」にお別れです。

    大都会のワイキキです。 今夜宿泊の「プリンスホテル」へ・・・

    広い部屋で眺めもよく、今夜はゆれない部屋でゆっくり休めそうです。

    一休みしてからアラモアナセンターで買い物をしたり、ワイキキの浜辺へ行き

    「ダイヤモンドヘッド」を見ながら浜辺を歩いたりして来ました。

↓今夜宿泊の「プリンスホテル」宿泊部屋からの眺め


    前に来た時オアフ島を1日観光しているので、

今回はホテル近くの公園や浜辺を歩いたり、夕陽を眺めたりして、

のんびりと過ごしました。

<ワイキキの浜辺 ダイヤモンドヘッドを背景に
<<<<<

<


ワイキキ浜辺できれいな夕陽を拝した後、日本から予約して行った

「ハレクラニ ラ・メール」にてハワイ最後の夕食をとりました。

暗くなった海を背景に照らされた椰子の木がとてもロマンティックな情景を演出していました。
<夕方の街中
<<<<<




    

ハワイ4島周遊クルーズ10日間 8   2010-6-26~2010-7-5

<<
7月2日

明日の朝はホノルル入港です。いよいよ「プライド・オブ・アメリカ号」ともお別れです。                     
船に戻ってから下船説明会がありました。

雄大な自然景観を誇るハワイ・カウアイ島のナパリコースト
      
夕方5時からはクルーズ最後の晩の楽しみ、ナパリコーストを船のデッキへ出て眺めました。

道路がないので海や空からしか見ることができません。
     
山が見えてきました。最初霧がかかっていてあまりはっきりと見えませんでしたが

そのうち急峻な断崖と、幾多の谷が刻まれた斜面、かみそりの刃のように鋭い稜線をもつ、

標高1000メートル級の山並みが、太平洋からそびえるように見えてきました。

絶景を誇るこの山は、これまで数多くの出版物などに“地上の楽園”として

紹介されていて楽しみにしていました。

そのうち小雨が降ってきてもう写真撮りもおしまいと思っていたらその後

大きな虹が姿を現し、それもダブルで山にかかる虹は素晴らしく、感動しながら仰ぎ見ていました。

船の最後の晩に雄大な自然からの素晴らしい贈り物をいただいたようで幸せいっぱいな気持ちでした。




<


<


夕食は船内の「ステーキハウス」へ 豪快な盛り付けに3分の1やっと入りました。



荷造りを済ませ劇場へ・・・

そこでは船泊中フラダンスを習った人が総出演してのご披露がありました。

また船長はじめスタッフ総出のクルーの挨拶がありました。

船の最後の晩にふさわしいイベントでした。


     




  

ハワイ4島周遊クルーズ10日間 6   2010-6-26~2010-7-5

7月1日(木)

    カワイ島 ナウィリウィリ

     今日の観光はワイメア渓谷です。 途中潮吹き岩に寄って行く。

     木でできたツリートンネル・ふるい町並みを再現したオールドコロアタウンを車窓で眺めつつ

     シュパーッと海水があがる潮吹き岩で写真ストップ

     海に突き出た溶岩の穴に波が流れこみ、大音響とともに潮が舞い上がるしぶきの華を眺めてきました。

     大きい亀がいるかも知れないと探したが今日はいなかったようです。

小さい画像にマウスオン
<潮吹き岩
<<<<<


ワイメア渓谷州立公園 

展望台から地球の裂け目のようなワイメア渓谷見物

太平洋のグランドキャニオンといわれています。

大自然の力で何万年もかけて造りあげた大地の彫刻が広がっていました。

地層の色が異なり、奇形の山肌を見せていました。

小さい画像にマウスオン
<展望台よりの眺め
<<<<<


帰り道では1年に何回も観ることができないニーハウ島を遠くに見ることができました。

周りの花がとてもきれいなコーヒー店で休憩し港には13:30ころ帰りました。

15時からスパ「ハワイアンロミロミマッサージ」を受けてみました。1度体験してみたかったんです。
(肘から下を使用し、流れるような動きで全身をマッサージする。ロミロミ)


ハワイ4島周遊クルーズ10日間 5   2010-6-26~2010-7-5

6月30日(水)
  
    ハワイ島 コナ入港

      初めてテンダーボートで上陸(海が浅瀬で大きい船がつけられないので)

      コナは「コナ・コーヒー」で有名な所です。 

      ドトールコーヒーの直営ハワイコーヒー農場へ行きました。

      農園は高台にあり、とても美しい庭園です。

      コーヒーの木が栽培されており、青い実がたくさんついていました。

      赤い実になってから採るそうです。

      コーヒーだけでなくナッツやライチ・アボカドやオレンジなど沢山の果物の木がありました。

      景色を眺めながら本場のコナ・コーヒーを試飲してからお買い物タイムです。

珍しい果物の木が何本もありました。


いつも温室で見ているような花が沢山自然の中で咲いていました。







昼食はコナの食堂「しおり」で海鮮ご飯を
食べました。

とてもきれいな盛り付けで、味も美味しかったです。

帰りの船へ乗るまでコナの町中を散策、

カイルア・コナはハワイ王朝初期には首都があった所です。

カメハメ大王はこの町で晩年を過ごしました。


帰船してから夕方より、リボンでの「レイ」作りの講座に出てみました。

上手にできて今夜のみなさんとご一緒の「ロブスター」の夕食会に首にかけていきました。

↓の画像はフラダンス・社交ダンス・ディスコ・レイ作り・その他いろいろの講座の会場となるサロンです。

ダンスの時にはバンドが入り、ライトがきらめき、光が走り、とても華やかな雰囲気となります。

夕食会の時 ブルーハワイ(爽やかな軽快な飲み口)とマイタイ(カクテルの女王t的ドリンク)

のカクテルを飲みました。



ハワイ4島周遊クルーズ10日間 4   2010-6-26~2010-7-5

6月29日(火) 晴れたり小雨に降られたり

   ハワイ島  ヒロ(雨の多い所)

   2つ目の島ハワイ島へ到着。

           キラウエア火山への観光      

        1時間程緩やかな山道を1200Mまで上がり、ま~るい火口を上からカメラに収める。

        ↓キラウエア噴火口 1959年の噴火 今でも蒸気が吹き上がっている。


        ↓キラウエア噴火口の周りは荒涼とした原野です。そんな所にも逞しく、かわいらしい花が咲いていました。


       ↓溶岩で出来たトンネル・ラバーチューブも歩いて通りました。
         
         緑の木々もきれいで森林浴で癒されました。


キラウエア・イキでは溶岩の流れた後を見学していると、火口付近まで続くトレイルを歩く

豆粒のような人影が見えました。(溶岩の傍まで行けるのかしら??)


今夜は「大イベント」の溶岩観察 船のデッキへ出て遠くからでしたが、

暗闇の中で赤く光る溶岩の流れを見ることが出来ました。

(船の照明は全部消されていました。)

今でも赤々とした溶岩が流れているかと思うと自然の驚異を感じます。

撮影には船が揺れて赤い光が流れてしまい、撮れませんでした。残念

本から撮影した溶岩の流れつけてみます。(本当にこのように見えました。)
  


      

ハワイ4島周遊クルーズ10日間 3    2010-6-26~2010-7-5

6月28日(月)

    マウイ島 カフルイ滞在

     今日の観光ツア~はマウイ島観光のハイライト「ハレアカラ・噴火口」

    ハレアカラとはハワイ語で「太陽の家」という意味で標高3,030m、周囲約34kmのクレーターを持つ

    世界最大の休火山です。(アメリカの国立公園の一つとなっている)

     バスにてひたすら山道を登って行く。

     道路はよくてレンタカーでも頂上までドライブできるとのこと

     途中広々とした牧草地帯や草原が続き、高山植物のここでしか見ることのできない

     貴重な銀剣草が所々にあった。花をつけた銀剣草は見れなかった。

下の3枚の画像クリックにて大画面


クリックにて広々とした大牧草地帯画像 クリックにて大草原画像

クリックにて銀剣草画像 銀剣草は一生に1度しか花をつけない

 貴重な高山植物です。
 
 大画面の手前が花の終えた銀剣草です。


   バスが山へ登って行くに連れ霧が濃くなり雲の中に入って行きました。

   頂上は雨かしら??と不安も頭をかすめましたが、雲を抜けると真っ青な空になり、

   眼下に綿菓子のような雲海が広がりました。まるで飛行機からの眺めのようです。

下の2枚の画像クリックにて大画面

山道を登って行く 道は雲の中へ

  駐車上よりごろごろとした岩の道を20分くらい登ってついに山頂へ到着 標高3,030m

  真っ青な空と足元には雲海が広がり、すばらし光景です。

  火星のような赤土のクレ-ターの世界が広がっていました。

  こんな高い山までバスで来られるなんてまるで夢のようです。

  さすがに3000m級の山の空気は違いますね~。とってもオイシイ

  感動しながら雄大な光景に心奪われてきました。

画像8枚サムネール画像にマウスオン


 



<











駐車場から瓦礫の道を登る 
<<<<<<<<

<


    帰り途中にはミニストアで休憩し、びわ、マンゴ、アボカド、バナナなどの木々や

    美しいブーゲンビリヤ、サソウキビ畑などを眺めながら港へ・・・

       南国の珍しい花が咲いていました。



    今夜はフォーマルナイトでスカイレストランでの食事

    キャップテンとの写真撮影やダンスタイム 優雅なディナータイムでした。


    

2010,7,11 高林寺紫陽花

紫陽花1

紫陽花2

ハワイ4島周遊クルーズ10日間 2    2010-6-26~2010-7-5

6月27日(日)

  マウイ島 カフルイ入港 停泊

  初寄港地はよいお天気の1日でした。

        昔懐かしい気分の「サトウキビ列車」に乗って・・・
    
 (サトウキビプランテーション全盛期に、収穫物運搬に活躍した蒸気機関車を
  観光用に再現したのがサトウキビ列車)

   バスにてラハイナまで行き、そこから「サトウキビ列車」に乗ってカアナバリ迄行く

    車窓から眺めるゴルフコースやホテルの立ち並ぶマウイの海とブーゲンビリヤの花の沿道 

    南国の美味しそうな果物の屋台が並んでいたりして・・・

    ハワイアンミュージックの生演奏を聴きながらのんびりと小旅行を楽しみました。



画像は10枚…クリックでご覧下さい!

<1 ラハイナ駅


町中に戻り海を臨むテラスの席にて、ハワイのお魚マヒやロブスターのサンドイッチの昼食をとる。


食事の後海沿いの町をお土産物屋さんを見たり,歴史的な建物を見学したりと散策する。

ハワイ最大のバニヤンの大樹が巨大な木陰を作っていた。


画像は6枚…マウスオンでご覧下さい!





<










バニヤンの大樹
<<<<<<

<




今夜は初めてツアーのお仲間揃っての船内での夕食 「リトル・イタリー」にてアメリカ風イタリア料理でした。

ウェイターさんに何度も「オイシイ~??」と聞かれました。お腹いっぱいになりました。



その後は「シアター」にて「ポリネシアン・ダンスショー」を観賞。

フラダンスだけでなくニュージランド・タヒキ・サモア・トンガなど同じルーツの
ポリネシア諸島の踊りも見ることができました。

パチパチと体中をたたきまくるダンスが印象的でした。
 

ハワイ4島周遊クルーズ10日間 1    2010-6-26~2010-7-5

 6月26日(土) 成田空港よりホノルルへ出発 21:00 

  今回の旅はハワイ4島を船で回っての観光です。クルーズの観光は初めてです。ワクワク

  行程は下の地図の通りです。

  成田~オアフ島(ホノルル)~マウイ島(カフルイ)~ハワイ島(ヒロ・コナ)カウアイ島(ナウィリウィリ)

        
  
  ホノルルへは7時間の飛行で現地時間 9:00着 19時間の時差遅れです。 

  ホノルル空港に降りたつと、あいにくスコールのお出迎え・・・ アロ~ハ♪♪

  それでも日本の夏と違う南国の空気を感じました。

    アロハタワーにて関西からの便でこられた同じツアーの人達と合流 15名となる。

  アロハタワー近辺にて早速ムームーを買う。

小さい画像をマウルオンしてね。

<アロハタワー (ホノルル港のシンボル9
<<<<<


午後 ”ブライド・オブ・アメリカ”へ乗船 (乗船客 2500人)

 

乗船すると部屋の用意が出来るまで11階の「アロハカフェ」にて昼食をとる。


その後日本語説明会を聞き、避難訓練の説明を聞き、船内の部屋(狭いが機能的)で少し休み、

そうこうしているうちに夕食の時間となってしまう。

”ブライド・オブ・アメリカ”にてホノルル出港 19.00時


 
いよいよ”ハワイクルーズの始まりです。 なが~い1日でした。
  
現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。