クマガイソウ 2011-5-26

5月26日

二本松の羽山のふもとに広がる杉木立の中で、幻の山野草・クマガイソウが

薄紫の花を付けて一面に咲き競っていました。

ここは個人の自宅裏で40年程前に花の株を購入、20アールの杉林で育て、

今日の群生地になったそうです。びっしりと並んで咲くクマガイソウの花は、それは見事な景観でした。

この変わった形の花の名前は、一の谷の合戦で知られる源氏方の武将・熊谷直美が

背負った母衣(ほろ)に似ていることからその名がついたそうです。



木漏れ日が射して・・・
DSC_1716.jpg

マウスオンクリックにて別のクマガイソ大画面

クリックにて大画面のクマガイソウ群生。



DSC_1731.jpg

2輪の花を付けたクマガイソウ
DSC_1730a.jpg

クマガイソウ名前の由来

むかし、一の谷の合戦などで有名な源氏方の武将「熊谷直美(くまがいなおざね)」が、

流れ矢を防ぐために背負って戦った布の袋(母衣(ほろ))に形が似ていることから

この名が付けられており、別名「ホロカケソウ」とも呼ばれます。(資料より)

クマガイソウ(熊谷草)

北海道南部から九州にかけて分布するラン科アツモリソウ属に属する植物。

低山の森林内、特に竹林、杉林などに生育し、大きな集団を作る。

草丈は40cmくらいまで、葉は対生するように二枚つき、それぞれ扇型の特徴的な形をしている。(HPより)

アツモリソウ(敦盛草)

葉山の里で「アツモリソウ」の鉢植えが飾ってありましたので撮ってきました。



・初夏の頃に開花。

・乱獲されてしまっているそうで、 絶滅のおそれあり。

・ピンク色の花の袋状のところを、
 平敦盛(たいらのあつもり)が背負った 母衣(ほろ)に見立てた。

★クマガイソウとアツモリソウ

この2つの名は平家物語の敦盛の最期の話に ちなんでいる。

神戸の一の谷の合戦で敗れた平家を追って 熊谷直実は、自分の息子と同じ年ごろの

敦盛の首を泣く泣く討ち取らざるを得ず、 その後、その霊を弔うために出家した。

また当時の武者は、後ろからの矢を防ぐために誰もが母衣(ほろ)を背負っていた。

母衣 → 大きな風船のようにふくらませた布

                            インターネットより。



羽山の里ではクリンソウ、エビネ、タイツリソウ、タツナミソウ などなどその他沢山の野草が咲いていました。

スライドにまとめてみました。


<



5月の万葉の庭

続きを読む

草木作品展にて    2011-5-21

5月21日

お友達が出品されている“草木作品展”を観賞して来ました。

皆様の丹精こめて作られた作品は種類も多く、いろとりどりの素朴な花を盆栽風に仕立てられ

それは見事な作品ばかりでした。

cats1.jpg
cats2.jpg

作品の花(野草)を撮ってきました。種類も多く珍しい花が沢山ありました。

ミツガシワの咲く初夏の観音沼      2011-5-20

5月20日

観音沼に咲く“ミツガシワ”

初夏に咲くという「ミツガシワ」を観たくて観音沼へ行ってきました。

観音沼へは何遍も行っていますが、まだこの初夏の季節には行ったことがありませんでした。

何処に咲いているのかしら?とワクワクしながら期待で胸がいっぱいです。

沼の近くへ行きましたら白い小さい花を付けたミツガシワが、所々にある浮き島に沢山咲いていました。

葉は3枚で白い小さな花が下からだんだん上へと 咲き上がっていってます。

一面に群生しているところもあり、背景の春の山にはさくらが咲いていて、それは美しい景観でした。

ミツガシワ(三槲)の花びらの内側には白い毛が密生しています。

花の終わるころには3枚に分かれた葉が すっかり広がって水面をおおってしまいます。

ミツガシワは古い沼にしか咲かないそうです。

誰もいない静かな観音沼は、ウグイスとミツガシワと八重さくら、枝垂れさくらの咲く楽園でした。

DSC_1389.jpg

DSC_1378.jpg

DSC_1374a_20110523022159.jpg

DSC_1391.jpg

DSC_1424.jpg

DSC_1468.jpg

DSC_1400.jpg

DSC_1515.jpg

<





観音沼のさくら

続きを読む

銀山峠を歩く    2011-5-19

5月19日

爽やかな皐月晴れの日「銀山峠」をハイキングしてきました。

 軽井沢銀山は1558年に発見され、翌年から採掘が始まり、閉鎖される明治29年までの340年の間、

閉山・再開を繰り返し、実際採掘されたのは、およそ200年間ほどだったといわれます。

 本格的に採掘したのは、会津三代藩主松平正容の時代で、よい鉱脈にあたり、最盛気には、従業員宿舎

だけでも1000軒余もあったそうです。



柳津「道の駅」から出発し、峠道を歩き 遠くの雪の山々を眺め 途中には八重さくらが咲き、

歩く足元にはかれんな野草が咲いていて、足を止めては愛でつつ、歩いてきました。

目的地の「レンガの煙突」とぼた山を眺めながらお弁当を食べ、帰りには柳津で足湯を使い

バスで帰ってきました。とても気分爽快なハイキングでした。

須賀川牡丹園&大桑原つつじ園

5月16日

logo1.gif

今回の大震災で須賀川市は震度6強を記録し、全半壊した住宅は千戸以上もありました。

牡丹園も池の堤防が壊れ、地割れ等がありました。

「被災した市民・県民に癒しを・・・」と保勝会のスタッフの努力で開園にこぎつけたそうです。

広い園内には7,000株余りの色とりどりの大輪の牡丹が艶やかに咲いており、香りと色彩を満喫してきました。

「入園無料」の心配りもあり、牡丹園は例年にない賑わいを見せていました。

DSC_1232.jpg

DSC_1215.jpg

DSC_1246.jpg

DSC_1282.jpg

DSC_1294.jpg

DSC_1237.jpg




logo3.gif

続きを読む

会津レクリェーション公園     2011-5-9

5月9日
<<>




素晴らしい好天の良き日、国道49号線沿いにある「会津レクリエーション公園」へ行ってきました。

ここは 敷地面積43.7haという広大な敷地に

会津の雄大な自然を観察出来る「自然観察園」「林地観察園」「湿地観察園」「湿性植物園」などがあります。

会津レクリエーション公園は1986(昭和61)年から20年の歳月をかけて、平成18年4月に全面開園しました。

開園してから5年目、今回私は初めてここへ来てみました。

丁度さくらが満開に咲いており、新緑が美しく、磐梯山、猪苗代湖と素晴らしい景色が広がっています。

爽やかな5月の薫風に吹かれながら散策し、お友達とお弁当をひろげて談笑したり、楽しいひと時を過ごしてきました

DSC_1143.jpg
さくらの花にかこまれての磐梯山
DSC_1142.jpg

DSC_1126.jpg
萌え出でたばかりの若葉が青空に映えて・・・
DSC_1122.jpg





山芍薬が咲きました。

続きを読む

早春の観音沼&観音寺川さくら

logo7.gif
5月6日撮影

まだ春浅い「早春の観音沼」へ行ってきました。

周りの山にはまだ残雪があり、人影も少ない静かな風景の中ウグイスの声を聞きながら

沼のまわりを一周してきました。

まださくらも少し早かったようで、かすかにほんのりと見えました。

辛夷の花が残雪の山を背景に美しく、水芭蕉もとても綺麗な苞を付けて咲いていました。

秋の華やかな紅葉の時とはまったく違った観音沼の静かな早春の風景に浸ってきました。

DSC_0857.jpg

DSC_0890.jpg

DSC_0910.jpg

DSC_0938.jpg

DSC_0960.jpg



<


<


<


同じ画像で「YouTube」にUPしました。


続きを読む

カタクリの山&柳津のさくら     2011-5-3

5月3日
<<>

三島町 大林ふるさとの山に咲くカタクリの花と山サクラの競演を観賞してきました。

オオヤマサクラの咲くなだらかな山にはまだ残雪があり、

斜面一面に咲くカタクリの花はまるで絨毯をしたような美しさでした。

イチゲやオキナグサも咲いていて、会津の山にもようやく“春の使者”が訪れました。

1_20110505005633.jpg

2_20110505005736.jpg

3.jpg
オオヤマサクラと残雪
7.jpg
キクザキイチゲ
16.jpg

DSC_0652.jpg
オキナグサも咲き始めて
13.jpg
奥には只見川も見えて・・・
14.jpg


余談ですが・・・クリックにて追記の編集

続きを読む

深山の早春     2011-4-28

4月28日撮影
<<>

残雪の風景の中にも早春が感じられる山形方面の撮影をしてきました。

深山のサクラがとても優しい風情を醸し出していました。

白いこぶしの花が雪山を背景にこぼれるように咲く様子は時を忘れる程の美しい光景でした。

印象深かった自然の風景を切り取ってきました。

DSC_0457.jpg

DSC_0472.jpg

DSC_0599.jpg

DSC_0562.jpg

DSC_0568.jpg

DSC_0571.jpg

DSC_0630.jpg

DSC_0636.jpg

DSC_0641.jpg

現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク