スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗駒山と須川高原温泉(岩手県)

6月13日~6月14日

マウスオン・クリック・マウスアウト 画像3枚
<栗駒山

<


今回のサークルの旅は、「須川高原温泉」泊と「高層湿原散策」「栗駒山登山」の行程である。
      温泉も楽しみであったが、「花の百名山」としての栗駒山へ登るのがおおきな目的であり、
      どんな花と出会えるかに、胸をときめかせての旅であった。

     一日目 須川湖高層湿原散策 

      鳥の声を聞きながら、イワカガミ、ショウジョウバカマ、ミヅバショウ、ワタスゲ、モウセンゴケなどいろいろと
      咲いている木道を歩く。 雪解けを待ってようやく咲き出す花達がとて愛おしく感じられた。

      須川高原温泉に泊る
      ここは「みちのくの秘湯」として徳川時代から親しまれてきたという。
      標高1,126mの高原温泉で噴出する湯量も多く、少し熱めの露天風呂でゆっくりと身体を癒した。

     2日目 栗駒山登山(1,627m)
          那須火山帯に属し、岩手・宮城・秋田三件にまたがる標高1,627mの休火山。


      朝より快晴 皆さんに迷惑かけないで登れますように・・・と願いながら6時に出発する。
      暫く歩いて行くと、いつも綱が張ってある所でしか見たこと無い水芭蕉が、歩く両側に咲く光景にはビックリする。
      
      「名残が原」に出ると、ぱぁ~と目の前が広がり、そこは一面のお花畑であった。
      遠くにワタスゲが群落を作り、木道の足下にはまだ蕾のショウジョウバカマが咲き、
      これから花咲くコバイケイソウが一面に広がっており、花・花の眺めに感嘆の声を挙げての歩きであった。
      
      昭和湖  湿地の山腹を登りきると、忽然と目の前に、濃い碧色の水をたたえた沼があらわれた。
      噴火のさいに出来た火口湖だという。深い神秘的な色である。
      そこで 宿で作ってもらった朝食を食べ休憩した。

      もう頂上は見えるがそこからが大変であった。雪渓を足元を気をつけながらを歩き、雪解けの川を渡る。
      ヒナサクラやヤシオツツジが咲く山道を登るとようやく頂上に着いた。
      あいにくのガスで眺望は望めなかったが、登りきったという満足感で十分であった。
      帰り足には青空が広がり、遠くの山に群落を作って咲いているお花畑を眺めながら、降りてきた。
      
      登山の経験の少ない私が行ってみたいという気持ちには 自然に咲いている山のお花に逢いたい、
      爽やかな新緑のなかで山の空気を胸いっぱい吸いたい!という願望で参加した。
      無事何事もなく登山できたことに満足し、感謝している。  
      
栗駒山で出会ったお花達

アカモノミズバショウ
ムラサキヤシオツツジミツバオオレン

イワカガミガクウラジロヨウラク
ショウジョウバカマサンカヨウ

チゴユリツバメオモト
フデリンドウオオカメノキ


<

コメント

湿原

栗駒山湿原、残雪の中登山、敬服いたします
地名と、テレビからの情報だけしか知らなかったので、爽快だったでしょうね。

山の写真は良いですね

tomoさん、健脚ですね。何時も驚いています。山歩きは最高に楽しいんでしょうね。

それからマウスオン連続に現れるのは良いですね。智さんにソフトを送っていただいていますが、まだ挑戦していません。一段落したらやってみます。

登頂 スゴーイ

ガンバリましたね!!
残雪を踏みしめ出合ったお花畑さぞ感動の連続だったでしょう。
数々の写真から伺われます。

こんばんは!

みねさん こんばんは!
何とか皆さんについて登ってきました。
ゆっくりと写真撮りたかったで~す。

konnbannha

akemada様 
いつも見ていただき有難うございます。

この画面は写真の数が多かったので、大変でした。
2・3度失敗し、ようやく出来ました。
まだ続きがあるんですが、明日作ります。

又見てくださいね。

こんばんは!

つつじさん こんばんは!

自分ながらスゴーイと思いましたよ。

今日やっと花の写真纏めました。

遅れ遅れになってしまいます。

  ガンバラナクッチャ






Unknown

こんにちは。
横浜写真ライフに訪問していただきありがとうございました。
山がお好きなのですね~
うらやましくなります!!!。
私も5年ほど前まで登山をしていまして、幕営山行、山小屋泊等ずいぶんしていました。
3000m以上の山をすべて登ってから、少しずつ下っていこうと思っていたのですが、半分踏破したところで、持病の腰痛が悪化して、断念しました。
それ以降、ブログの写真に転向です(笑い)

カメラのボディーとマクロ付のレンズを購入予定とのこと。
(撮影対象はどのような被写体ですか?
それによってカメラ選びが違ってきます)
最初のカメラ(ボディー)選びが大切なので、これからよく調べて後ほどご連絡いたしますね!

Unknown

こんばんは。
山行の際に風景や花のマクロ撮影を主にされることを前提に考えますと、
少しでも重量の軽いカメラがよいと思います。
ニコンD70sはよいカメラですがボディが600gあります。対抗機種のキヤノン EOS KissデジタルNは485gです。
ペンタックス等も軽いですが、現在キャノンのデジタルカメラが主流ですのでEOS KissデジタルNがよいとおもいますが、、、、。

重量のことを考えないのであれば両機種の上位機種がお勧めです。
レンズはタムロンのAF18mm-200mm F3.5-6.3XR DiⅡはどうですか。
マクロ機能付でフィルム換算にすると28mm-
300mm相当になります。
手振れ補正はありませんが、重量が軽いので重宝すると思います。

一寸余談ですが、穂高や剣岳などの登山の時にはキャノンパワーショットG2を持参していました。400万画素ですがブログに掲載するにはもったいないくらいの高性能です。

又何か質問がありましたら、
左サイドバーの下のほうに問い合わせの欄がありますので、こちらを活用していただければ、もっと詳しくお答えできると思います。
Secret

現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。