スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お彼岸 獅子舞い

       3月19日                              midi 千の風になって     アニメ 彼岸獅子
 


今日も粉雪が舞い散り、寒いお彼岸です。

会津では、近在から彼岸獅子がやってきて

家の前などで、お仏様への供養として踊ります。

 子供が獅子に頭をかじってもらうと、

  丈夫に育つなどと、云われております。

   この期間はご先祖様へ感謝し、より豊かな
   
   心を持つ為の人格形成期間のようです。

   家でもお彼岸のお中日には“おはぎ”を作って

   お供えします。又親戚やお墓へお参りに行きます。

   このように昔から続いている風習も、大切にして
 
   後々まで残していけたらと思っております。

   

   












コメント

こんばんは

こんばんは。
素晴らしい伝統行事ですね。
これが文化なのですね。
文明とは違います。
文化と文明の違い、理解できそうですよ。
いつまでも伝えていって欲しいです。

彼岸獅子!

tomoさま そちらは粉雪が待ってるとか寒そうですね。
彼岸獅子 珍しい伝統行事ですね。
会津は伝統行事を大切にして皆さんが楽しみ守っていられるのですね。
tomo様のブログでこうした伝統のある行事を見せて頂き有り難うございます。

みちくさにコメント何時も有り難うございます。

tomoさん、こんにちは^^

彼岸獅子、アニメでも拝見いたしました。
こちらには、このような行事はありませんが、
獅子に頭をかじってもらうのを、近隣の夏祭りで
見た事があります。
我が家の孫達はみな臆病なので、獅子を見たら
逃げるでしょうね、きっと・・・

今日はピカピカのお天気です。
春ももうすぐですね。

彼岸獅子

自転車親父様  こんばんは

子供の時から見ている風物詩です。
小さい頃は怖かったのを覚えています。
今は近郷の在の青年部の方達が、継承しておられます。

野山が笑うのも・・・

maruco様へ

お彼岸に獅子舞の笛の音が聞こえてきますと、「これから春が来るんだ」 といつも心が浮き立ちます。

東京もさくら開花の知らせがありましたね。

会津の野山が笑うのも もうすぐでしょう。



獅子舞

tae様  こんばんは

私は商家で生まれ育ちましたので、毎年獅子舞が来て店の前で踊るのを楽しみに見ていました。

懐かしい思い出があって幸せです。

彼岸獅子舞

tomoさん今日は

今日はお中日ですが あまり暖かくないようですね
会津の獅子舞 衣装と方部よって違うのですね
会津の彼岸の風物詩でいいものですね

これはお城で撮られたものですか

♪伝統の舞・・・・・♪

こんにちは。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われておりますが、
会津は雪のようですね。こちらも冬日が続いて
寒いです。
お城をバックに舞う彼岸獅子を拝見させていただきました。
昔から伝統行事が続いて、季節感を味わうことが出来
てお幸せですね。

お墓参り

l-mama様 こんばんは

今日 家族皆で、お墓お参りに行って来ました。
辺りの雪払いして、お花とお線香あげて・・・。
私長年の疑問なんですが、仏様家に来ておられるのに、どうしてお墓参りに行くのかしら??? と思っておりますの。バカみたいだから誰にも云いませんけどね。
この写真はお城でのものです。
リンクしてあるお店の前での写真は、大町通りで撮ったものです。

獅子の踊り

Ms.ウッド様へ

都会と違って田舎は、昔からの行事がいっぱいありますね。
又それらの行事を残していこうとの気持ちも強いようです。
この獅子の踊りも、村の青年達が受け継いでやっております。
有名な秋田の”なまはげ”などもそうですね。

笛の音を聞くと春がくるんだ~と、明るい気持ちになります。

彼岸獅子

tomoさん こんばんは
ぼかしが丁度 獅子がダイレクトな感じに見えますね
midiの千の風になってもいいですね。
midiの入れ方を教えてくださいね。

彼岸獅子を

ここで初めて教えて頂きました

波や羽?鶴の柄にもそれぞれ意味があるんだろうなぁ
と興味深く見させて頂きました

千の風になって 

みーたんさんへ

ご訪問 ありがとうございます。

千の風になって いい歌ですよね~。
私こんなに話題になる半年程前に、CD買って持っていましたの・・・。
一人で聞いて楽しんでおりました。
この歌を付けるチャンスが今までなく、お彼岸ならいいかな~と思いリンクさせて見ました。

後からしますね。

着物の柄

ふくしまー様へ

おひさしぶりですね~。
元気にしておられましたか??

踊り手の着物の柄に興味を持たれるなんて、
さすが デザインのお勉強してこられたからですね。
目の行き所が違い 感心しました。

私など生まれるとから見ていますので、
獅子の着物の柄など気にもとまらず、
自然に見てきました。

そう云われて 初めてよくよく見ますと、
やはりオメデタイ柄なのかしら??

こんど調べてみましょうね。

春の訪れ

tomo さんへ

彼岸獅子のお囃子が聞こえてくると、会津には春がやってきます。子どもの頃、座敷舞いをわが家でみました。三本松の小松獅子でした。

 弓くぐりも子どもと大人の獅子の踊りも懐かしい記憶です。先触れという人かな、踊る家を回って準備する。その後から、踊り手やお囃子などがやってくる。

 ご近所の方も集まって鑑賞する。のどかな一時でした。今は、この伝統を受け継いでいるところは幾つあるでしょうね。後継者不足の解決が緊急の課題です。

郷土の伝統文化は、次世代へ伝えていかなければならない。応援できることがあれば応援しましょう。

春の訪れ

重ちゃんへ

三本松から獅子舞いが来ていたんですか?
お座敷に上がっての舞いとは・・・?
初めて聞きました。
お家が旧家でおられるから、そのようなことがあったんですね。
さぞ印象強く覚えておられることでしょうネ。

家は肥料屋ですので、農家の方達との繋がりが深く、獅子踊りの方達のお昼の場所でした。
広いお勝手で暖かい味噌汁を出します。そのお椀が大きくて、獅子椀 といっていました。
今は会社が別になり、そんなこともなくなりましたが、私の嫁時代の話です。
こうして思いだすと、懐かしいですね。
もちろん 弓取りまで踊っていかれました。
Secret

現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。