スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマガイソウの里 観賞   2008/5/15

 5月15日

クマガイソウの里?

福島市松川町水原に1万株のクマガイソウの群生する自生地があります。

永い間、村人に大切に見守られ、育てられてきました。

クマガイソウは木立の傾斜面 一面に咲き揃い、それは見事なものでした。

時折射す木漏れ日を浴びながら、薄紅色の袋状の花弁がほのかに光を含み

そこだけが行灯の明かりのようにも見え、幻想的な雰囲気を漂わせておりました。

初めて観る可憐な花の姿の情景に、感動しながら散策してきました。












写真撮影の”お立ち台”は人でいっぱいでした。


この地区の小学校の生徒さん達が、沢山咲いている野草に、

上のような説明を付けた標識を立てておられました。

土地の人 大人も子供も皆で自然を愛し「水原の自然を守る会」を発足し、

「クマガイソウ祀り」を開催して公開されたという事です。



クマガイソウ名前の由来

むかし、一の谷の合戦などで有名な源氏方の武将「熊谷直美(くまがいなおざね)」が、

流れ矢を防ぐために背負って戦った布の袋(母衣(ほろ))に形が似ていることから

この名が付けられており、別名「ホロカケソウ」とも呼ばれます。(資料より)


クマガイソウ(熊谷草)
北海道南部から九州にかけて分布するラン科アツモリソウ属に属する植物。

低山の森林内、特に竹林、杉林などに生育し、大きな集団を作る。

草丈は40cmくらいまで、葉は対生するように二枚つき、それぞれ扇型の特徴的な形をしている。(HPより)





アツモリソウです。
友人のお宅に咲いていました。

・初夏の頃に開花。
・乱獲されてしまっているそうで、
絶滅のおそれあり。

・ピンク色の花の袋状のところを、
 平敦盛(たいらのあつもり)が背負った
母衣(ほろ)に見立てた。

★クマガイソウとアツモリソウ
この2つの名は平家物語の敦盛の最期の話に
ちなんでいる。
神戸の一の谷の合戦で敗れた平家を追って
熊谷直実は、自分の息子と同じ年ごろの
敦盛の首を泣く泣く討ち取らざるを得ず、
その後、その霊を弔うために出家した。
また当時の武者は、後ろからの矢を防ぐために
誰もが母衣(ほろ)を背負っていた。
母衣 → 大きな風船のようにふくらませた布

インターネットより。

コメント

クマガイソウの群生地

tomoさんおはようございます。
クマガイソウの群生地があるのですね。
しかも立派なものですね驚きました。

木陰の少し日陰が良いのですかね。

クマガイソウの名前の由来を聞きました。
本当に大きな袋に見えてきますね。

こんにちは^^

クマガイソウって一本だけでも充分にインパクトのあるお花だと思うけれど
これだけ群生してたら圧巻ですね~^^
凄いです☆ (^^)
うまく光を取り入れて撮った3枚目、5枚目が好きですねー♪
クマガイソウは横浜の叔母の家でしか見たことがありません。
ましてや一万株とは壮観☆ *^-^*

♪クマガイソウ・・・♪

クマガイソウが一万株も群生している様子は壮観ですね。
看板の説明にあるように地元の大人も子供もみんなで守られている様子が頼もしいですね。
名前の由来にあるような形をした花が扇状の葉で包まれているようで可憐ですね。
珍しい花の群生を見せていただきありがとうございました。

こんばんは

こんばんは。
うわぁ、凄い!
これは見事ですね。
撮りに行きたいなぁ!
福島のどの辺りなんでしょうか?

クマガイソウ!

tomoさん

クマガイソウ 珍しい花ですね

始めてみましたが何か神々しくさえ思います。

写真もとてもよく撮れてますね。

何時も珍しいお花などを見せて頂き此方に伺うのが楽しみです。

見事に咲いていますね

自然に咲いている様は荘厳に見えます。
昨年行ってみましたが、暗い山奥に咲いていて、撮影には苦労した覚えが有ります。
光が勝負でしょうか。

見事

クマガイ草、お見事ですね。
毎年見せていただいてますが、今年の映像の演出が
お見事です。

お見事です

クマガイソウ素敵ですね。
木漏れ日を受けて、咲く様子がとても素敵です。
群生地があるのですね。東北にも春が来ましたね。
母が若いころ野草の会に入っていて、クマガイソウを育てていたことがあるので、育てるのが大変なこと見聞きしておりました。地元の皆さんが大切に育てて、群生地が出来たこと良く分かります。見物する人たちも大切に見て欲しいものですね。後世まで増えて残ることを、熱望します。
素敵な写真を見せていただき有難うございました。
春はお花が次々と咲くので楽しみですね。

クマガイソウ

ken様  こんばんは

クマガイソウは斜面を好むようです。
写真撮影のお立ち台が作られており、いっぱいの人でした。
写真追加して付けてみますね。

紅色の袋

理彩也さん  おはようございます。

時たま射す木漏れ日を受けたクマガイソウは、紅色の袋に火が燈ったようにとてもキレイでした。
理彩也さんでしたらもっと幻想的に撮られる事でしょうね。
気に入っていただける写真があってうれしいです。
有難うございました。

好む環境

Mr.&Ms.ウッド様  おはようございます。

私も初めて見るクマガイソウの群生に感動しました。
盗掘が多かったそうですが、土地の方々の保護によってここまでなったそうです。
又ここはクマガイソウの好む環境であったわけですね。
有難うございました。

クマガイソウ

自転車親父様  おはようございます。

まだクマガイソウ 大丈夫だと思います。
是非撮りに行ってくださいませ。
下はHPのアドレスです。
地図もあるようです。
http://yamaguchi-gr.co.jp/hana/405/hana405.htm" target=_blank>http://yamaguchi-gr.co.jp/hana/405/hana405.htm

クマガイソウ!

maruco様  おはようございます。

こんな風に写真撮ってみたいと思うようになったのもデジカメとブログのお陰と思っています。

本当に珍しい形の花ですね。

いつも有難うございます。

満開のクマガイソウ

yokko様   おはようございます。

2年前に1度行っているにですが、その時はまだ咲いていなく、ヤマブキソウやにニリンソウが満開でした。
今回満開のクマガイソウを見られてよかったです。
やはり光が当たるときれいですね。
お立ち台は写真撮影の人でいっぱいでした。
有難うございました。

この節の野草が・・・

mine様  おはようございます。

今回は光を捉えて撮りました。
又この花だからこそ光線の画像が映えたのかも知れませんね。
途中にもこの節の野草がいっぱいあり、中でもヤマブキソウが一面に咲いており、とてもキレイでした。

こんにちは

taekoさん  こんにちは

さくらが咲いたと思いましたら、いっきに春がきまして、野も山も花盛りとなりました。
又山菜も次から次と出てきて、山の旬のものを美味しく食べております。
クマガイソウは北から南まで咲くようですね。

お母様が山野そうなさっておられたとか・・
やはり山のものは土や環境が面倒なんでしょうね。

そちらはもう暑くなったでしょうね。
会津では漸く水田に水が入り、田植えが始まりました。

お姑様はお変わりないですか?
コメント有難うございました。


Unknown

クマガイソウ良かったですね!
とても木漏れ日のところがよく撮れ、感動です。
お花を撮って楽しみましょう!

故郷を誇りに思うでしょうね。

うぐいすさん  こんばんは

ヤマブキソウやニリンソウもいっぱい咲いていましたね。
子供達も小さい時から自然に接し、守り育てる優しい気持ちが養われ、大人になってからもクマガイソウの故郷を誇りに思うでしょうね。
ご訪問有難うございました。

初めまして

tomoさん、私の拙いブログにお訪ね戴きまして有難うございました。

怠け者で休み休みのブログですが kenさんに励まされながら楽しんでおります。
どうぞ、これからも宜しくお付き合いを願います。

tomoさんは福島県にお住まいなのですね。
以前から時々拝見にあがっていました。
大阪からは遠くて行く機会のない福島県ですが、何かと珍しいお話を伺えますので楽しみです。

クマガイソウも珍しく又詳しい解説で心に残ります。
陽を受けて雪洞が立ち並ぶような様は素晴らしく、お上手に撮られていますね。又楽しみにお訪ねします。

いろいろな野草

jun様  ようこそお出でくださいました。

大阪でのお住まいですか?
関西の方はなかなか行く機会ありませんが、ブログですと簡単にお尋ねできますのでよろしくお願いいたします。

わたしもクマガイソウの群生ははじめて見ましたが
素晴らしいものでした。

又いろいろなこの季節の野草がいっぱい咲いていてうれしかったです。

有難うございました。
Secret

現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。