新緑の鳴子峡ハイキング    2011-5-31

5月31日

夕べまで降っていた雨も上がり朝から快晴、新緑の「鳴子峡」をハイキングしてきました。

目的地までは約3時間ほどバスに乗って行きました。

途中バスの中から青々とした「鳴子ダム」が見えました。(バスの中から撮影)

クリックにて大画面
<>

鳴子温泉郷へ入る前の途中「鬼首間欠泉」を見学してきました。

鬼首温泉名物の間欠泉弁天。20分間隔くらいで高さ10mまで吹き上げます。

暫く待つと、地の底から「ゴォーーー」と・・・・・ あっ!来ました来ました。噴出!!

 【間結泉とは一定周期で水蒸気や熱湯を噴出する温泉ことをいう】

皆さん記念撮影 水蒸気がすざましい勢いで昇っていきました。

ちょっと弱くなりたなびいて・・・
DSCN0390.jpg

間結泉の後 鳴子温泉の新緑も目映いばかりの「鳴子峡の新緑」を眺めその美しさに感動!!



鳴子峡の後「荒雄湖畔公園」にて昼食

緑の風も爽やかな公園には大きなこけしが新緑に囲まれてたっていました。

又こけし館もありコレクシュンされたこけしが沢山飾ってありました。
公園内に大きいこけしが・・・    こけし館内にて・・・


昼食後「鳴子峡大深沢遊歩道」をハイキンク

全長2.2km、マイナスイオンたっぷりの中を約60分歩いてきました。
歩く途中足元にはいろいろなな野草が彩っていて、又わらびに蕗もあり、ブナの木やとちの木の葉は似ているのに
木肌が違う事など学んできました。



ハイキング途中であった花や野草をSlideで・・・


皆さんとの記念撮影です。
3

《Slideが見えない方がおられるので使った画像をまとめてスライドにしてみました》
<

コメント

ハイキング

おはようございます。
新緑のハイキングは楽しかったことでしょうね。
間欠泉は海外で何度か見ましたが、私は国内では見たことがありません。
国内は余り出かけていませんが・・・
私も開山したばかりの白川郷の近くにある天生(あもう)湿原へハイキングに出かけました。
標高差320mのアップダウンのあるコースを高山植物を愛でながら歩いてきました。
途中、残雪があり滑らないように気をつけて歩きました。

鳴子と命名のいわれ

kenさん  こんにちは

源義経が奥州に逃げて行くとき・・・のお話そうだったんですか。
それで鳴子と命名さたんですね。
アリガトウございました。
緑のオゾンをいっぱい浴びてきました。
コメントアリガトウございました。

新緑が素晴らしいですね

おはようございます。
新緑の中でのハイキング素晴らしいですね。
私も一度鳴子温泉に行きたかったのですが、
まだ行っていません。
ここの地名は源義経が奥州に逃げて行くとき、
このあたりで赤ん坊が生まれ泣きやまなかったので
泣子から鳴き子になり今では鳴子というのだそうですね。

間結泉がすがいですね。相当の高さまで上がるのですね。

新緑も美しいのですが・・・

なべちゃんへ

ここの鳴子峡は新緑も美しいのですが、紅葉が素晴らしく綺麗な所です。
何年か前に行きました。
是非いつか行ってみてください。
コメントありがとうございました。

新緑好いですね

新緑のハイキング 好い所へ行って来られましたね
毎日の様にお出掛け忙しいですね
お身体大事に楽しんで下さい。
Secret

現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク