上高地・立山アルペンルート3    2011-8-28~31 

8月30日

idx_pi_008.jpg

  長野 扇沢より乗り物を乗り継ぎ壮大な「黒部ダム」を見て、「大観峰」へ・・・・

黒部ダム  水しぶきを浴びながら力強い放水を間近で見てきました。美しい虹が出ていました。

雄大な自然とダムの壮大なスケール、エメラルドに輝く黒部湖

ダムの轟音を聞きながら立山連邦がくっきりと見える周りの景色を写してきました。

<力強い放水と虹
<<<<<



黒部湖よりケ-ブルカーで黒部平へ 標高 1,828m

DSC_4133.jpg

DSC_4127.jpg

黒部平には高山植物が咲き、アサギマダラが飛んでいました。

cats2_20110915052656.jpg
cats_20110915051024.jpg


黒部平より雪渓が見える山の斜面
DSC_4167.jpg

眼下に黒部湖が見えました。
DSC_4166.jpg

黒部平よりロープウエイで標高 2.316mの大観峰へ

大観峰より立山トンネルをトロリーバスにて室堂へ 標高 2,450m

着いたときには快晴 立山連邦がくっきりと見えました。(前に5月来た時には吹雪で視界0でした)
DSC_0251.jpg

立山連邦を背景に記念撮影をしました。
DSC_4179.jpg

立山黒部アルペンルート内の最高所に位置する室堂は、立山連邦など 3,000m級の山々を望むことができました。
室堂平からは散策コースがいくつもありますが、自分の歩ける範囲のコースを散策してきました。

みくりが池周回コース (起伏の少ない遊歩道をゆっくりと歩くコースです)
立山アルペンルート室道平にて

DSC_0252.jpg


室道平(標高2.450m)の地図

DSC_4293.jpg

cats4.jpg
室堂平(立山玉殿の湧水)
全国名水百選に選ばれた名水は冷たく、おいしかった。
DSC_0256.jpg

みくりが池は周囲600m、水深15mの神秘的な湖で火口湖です。
まだ残雪が見られました。
DSC_4210.jpg

みくりが池のその澄んだ湖面に立山の姿を美しく描き出していました。
DSC_0268.jpg

散策の道は整備されていました。草紅葉になり始めていました。
DSC_4216.jpg

DSC_4290.jpg

室堂平は一面初秋の高山植物のお花畑で彩られ、蝶が舞っていました。

ワレモコウとチングルマの花穂の群生
DSC_4211.jpg

アザミやワレモコウの群生
DSC_4255.jpg

蝶や鳥がお花畑で舞っていました。
cats3_20110915223130.jpg

地獄谷
イオウ独特の臭いが立ち込める地獄谷。その荒涼とした地肌には、おびただしい数の硫気孔が口を開き、もうもうと水蒸気を吐き出しています。地獄谷には鍛冶屋地獄をはじめ、百姓・無間・団子屋・紺屋地獄など、計136の地獄があるといわれます。
(下迄は下りず途中から撮影)
DSC_4242.jpg

散策を終え室堂から高原バスにて今夜の宿泊地「弥陀ヶ原」へ 標高1,930m

弥陀ヶ原ホテル泊・・・アルペンルート内に建つ雲上のリゾートホテルです。
DSC_4296.jpg



コメント

No title

東京tomo様   こんにちは

旅日記へのコメントありがとうございました。
いつも何かと教えていただき、又ご親切なお言葉に感謝しています。

別にメール夕べお送りいたしました。
どうぞよろしくお願いします。


自然の雄大さ・・・

dajaro様  こんにちは

コメントありがとうございました。

3泊4日の旅でしたが、いろいろの乗り物を乗り継ぎ、自然の雄大な景色や高山の花や
蝶などとの出合いに心ときめかし、楽しい旅でした。

どうぞまた奥様と旅を楽しんでくださいね。自然は気持を大らかにしますね。

残暑厳しい暑さですが お元気にお過ごしくださいませ。

こんにちは~!

会津のtomoさまへ

沢山の写真を撮って来ると、帰って来てからの整理が大変ですよね~
でも良く頑張って整理なさいましてね~お疲れ様です。
ご夫婦でお出掛けが出来るなんて、とっても幸せな事
貴重なお時間を、どうぞ大事になさって下さいね~

東京のtomoの使っているテンプレートは、アップする画像によって可変してくれるので使い易いですよ。
会津のtomo様も如何ですか~お揃いのテンプレートにしませんか?
バックが黒い方が写真も綺麗に見えるし、ブログを見ていても眼が疲れないので好きです。
白い背景のテンプレートは、眼が疲れて最近 駄目になりました。(^^;
最近tomoは、タグを使わずマウスオンクリックで画像を大きくする方法を使い様になり簡単で便利・・・
此れに限るのでは~?って思っています。
クリックするだけで画像を大きく見せる事で、見応えの有る画面になるのでは~?

東京のtomoもWindows 7になって、1年が過ぎようとしています。
慣れるまでに時間が掛かるでしょうけれど、慣れると案外使い易いですよ~

クリックで大きな画像へ切り替えるマウスオンクリック、必要なら・・・ご連絡下さいね。
余りの長い記事の為 何処へコメントを書いて良いものやら迷ってしまいんした。(^^;

No title

良かったですね~!

何回も拝見しては、楽しいツアーだったろうと、喜んでいます。
黒部ダム、黒部平、室堂平、みくりが池、地獄谷、弥陀ヶ原での泊り・・・
何れも至福の時間が過ぎ行くところ、嬉しそうなお顔が浮かんできました。

13年前に家内と立山を縦走したとき、眼下に黒部湖を望んだことがあります。
その時に、次は黒部ダムを見てから室堂へ入り、ゆっくりと立山を歩いてみよう、などと
話したのですが、まだ実現していません(7年前の5月には室堂平まで入ったのですが)。

黒部湖や立山連峰などを眺めながら、また、多くの高山植物や蝶などの姿に出会いながら、
一緒に歩いているような楽しい気分になりました。素敵なアップ、ありがとうございました!

追伸

追伸     Ms.ウッド 様へ

只今2008年6月に行かれた「弥陀ヶ原に泊る立山黒部アルペンルートの旅」を拝見しました。

よく纏まってUPしておかれ、行ってきたばかりでとてもよくわかり、楽しませて頂きました。

弥陀ヶ原のホテルは同じ所ですね。これから弥陀ヶ原UPしますね。

やはり室道では雪が沢山ありましたね。何べん行っても季節で風景が違い、新鮮に感じますネ。

ありがとうございました。

こんにちは

Ms.ウッド 様    こんにちは

3年前の6月にお出になったのですね。その時も雪の壁でしたか
でも室道で雪でなくよかったですね。ガイドさんと歩かれたんですものね。
雷鳥にも出会われよかったですね。

私の時は(5月)吹雪で出ることも出来なかったんですよ。
結局雪の壁を見てきただけでしたの。それで今回は花の時行きたいと思いましたの。
7月の方がよかったのかもしれませんね。でも初秋の花もよかったです。
ウッド様はよく蝶の名前ご存じですね。私調べもしないで怠慢です。反省

10月に室堂へいかれるとか。紅葉がきれいでしょうね。
お写真楽しみにしています。
いつもコメントありがとうございます。

室道平散策

mineさん  こんにちは
残暑厳しい毎日ですね。お元気でうれしいです。

今回の旅行は夫婦4組でした。それも高齢者のね。
80代のご夫婦もおられたんですよ。私たちは上から3番目でしたの。
でも皆さん自分の体調に合わせて行動なさっておられたようです。

室堂平の地獄谷へは私途中迄行ったのですが、下りの階段見ただけで
降りるのあきらめました。又登ってくるの考えたら無理と思い・・・。
主人は下迄降りたんですよ。さすが疲れたようです。

地獄谷へ行った人が途中で「雷鳥」を見てきたといっていました。
私も主人も立山での有名な「雷鳥」を見てこれなくて残念に思いました。

私は時間迄、標高2.450mの立山の涼しい風に吹かれながら花や蝶などと遊んでいました。

世界級のスケールと迫力の黒部ダムはよく人の力で作ったものと驚きです。
多くの犠牲者が出たんですものね。虹が本当にきれいでした。

お孫さん山登りなさるんですか? 若いうちは何にでも挑戦できていいですね。
私は楽してこんな高い所迄これてよかったです。

いつもコメントありがとうございます。

懐かしく

こんにちは。
素敵な出合が一杯ありましたね。
私は3年前の6月にお友達と「弥陀ヶ原に泊る立山黒部アルペンルートの旅」に
出かけたことがあります。

6月でしたので残雪もあり有名な雪の壁は6m位でした。
室堂では雪渓の中をみくりが池までガイドさんと歩きました。
雷鳥も見ることができました。

来月の初め、日帰りで室堂へ出かけます。
遠いため現地滞在時間はバスに乗っている時間より少ないです。
フリーのハイキングで写真を撮るのが目的です。
良い写真が撮れるといいのですが・・・・・。

No title

立山連峰が、クッキリと見え冬を想像しました。  (孫娘がよく登るので)

放水と虹、神秘的だったでしょうね。
下界の暑さなど忘れられたでしょうね。本当に良いところへ行って来られましたね。

叶わぬと思いつつ行ってみたいです。

ありがとうございました。
Secret

現在の時刻
 現在の時刻   

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

fctomo

Author:fctomo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク